離婚に伴う住宅ローン

離婚に対してお互いに納得したら関連書類を窓口にだすことで済むと考えている人がたくさんいますが、しっかり調整する必要がある項目は山ほどありますし、あやふやな具合にすると後で厄介ごとの源になることも多くありますので気をつけなくてはなりません。養育費とか慰謝料などの支払額を決定しても、万が一パートナーが滞納したときに口約束では、なかったことにされることもあります。公正証書を作成しておくというのがよいのですが、少なくとも書面化して両者でサインするようにしておくようにしましょう。

持ち家をもっている場合はどういう割合で財産分与をするのかきちんとしておく事になります。例えば、返済が終わっていない時は、誰が所有するのか、誰がローンの残高を払うのかなど、しっかりと書面を作っておく事が大切です。相手方がローンの残高を払い、自分が住む場合等は相手側がローンを未払いのままにしておくと厄介ごとになります。家やマンションの名義が二人の共同名義になっている場合は、一人の名義に統一しておくか、処分するということもありだと思います。

離婚と住宅ローンの疑問をすべて解決
離婚の財産分与でトラブルになりがちなのが住宅ローンの扱いです。どちらが支払うのか、どちらが住むのかという根本的な問題から、家を高く売却する方法までまとめています。

関連記事

このページの先頭へ