化粧水はいつつけるのが効果的?

化粧水は、ほとんどの女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が使用している化粧品だと思います。

では、その化粧水(高けれね美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)はいつつけるのが効果的なのでしょう。

それは、洗顔後や風呂あがりが有効だと思います。

どうしてかというと、綺麗に洗顔をされた状態の肌は、とても水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を欲しがっている状態なっていますよね。

その状態の肌に、たっぷりの化粧水を付けてあげると効果が期待できます。

洗顔をして軽く水分(あるものに含まれている水のことです)をふき取ったら、すぐに化粧水(高けれね美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)をつけるようにされて下さい。

お風呂上りなんだったらとくに、気化熱で肌の水分(水分が含まれていないほど、保存性が高くなるでしょう)がどんどん失われます。

そのままの状態にしておくと、肌がカラカラの状態になり、乾燥してしまいますね。

お風呂からあがったら、最低でも5分以内に化粧水(その名の通りの水のようなものから、とろみのあるものまで、商品によって使用感も畭なります)をつけるように心掛けましょう。

常に洗顔をした後には、化粧水(美白効果が期待できる成分、保水力を高める効果があるとされている成分など、商品によって色々な成分が配合されています)をすぐに付けられるようにしておくといいですよ。

お風呂上りなどは、訳もなく肌がしっとりしているように思えて、つい化粧水(高けれね美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)を忘れがちなので気をつけてください。

洗顔後の化粧水(高けれね美肌効果があるというものではなく、人によって合う合わないがあるでしょう)を怠らないだけでも、美肌(正しいスキンケアと生活習慣なくしては実現できません)に近づくといってもよいのでしょうか

関連記事

このページの先頭へ